<< JP Style | main | 引退 >>

NZ303


今日は、『B&B』のお客様が到着されました。が、なぜか到着したのにもかかわらず荷物がなく待たされています・・・
どうやら入国をクライストチャーチで行うはずが、思わず経由地のオークランドにて手ぶらで入国してしまったようです・・・冷や汗
予定の便(国際線)ではクライストチャーチに到着せず、やむを得ず国内線にて何とかクライストチャーチまではやってきました。



誰もいない国際線の到着ドアでみんな不安そう。荷物はすでにクライストチャーチに着いているものの、税関や検疫を通れずに待つこと1時間。


自分も数えきれぬほどの飛行場を通過していますが、到着ロビーからは世界各国入れなくなっているにも関わらず異例の状況!?びっくり


本来の到着時間から3時間以上遅れ、必要以上にオークランドの飛行場を歩いたにも関わらず何事もなかったように見慣れた光景で荷物も確保できました。


関空からオークランド経由でクライストチャーチに来る便ですが、オークランドよりNZ303便の利用となる場合オークランドで入国審査をしてはいけません。どんなに旅慣れていても国際線ターミナルから出ないようにしましょう。誰かが先頭を歩き続けても、うかつについていってはいけません。冷や汗

紛らわしいですが、クライストチャーチまで国際線扱いになりま〜す!ひらめき
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this blog
twitter