<< もう1人の『Ricky』 | main | Greymouth+Reefton >>

MAZDA CX-5


数年ぶりに、首都ウエリントンへ行って来ました。
今回のお仕事は・・・
2005年に手伝わせていただいた『MAZDA MX-5』(日本名ロードスター)のジャーナリスト向け発表会に続き、全く同じスタイルでお仕事をさせて頂きました。今回は、『MAZDA CX-5』のジャーナリスト向け発表会。流行のSUV(Sports Utility Vehicle)です!

自分のお仕事はちょっとした通訳なわけですが、午前中に『MAZDA CX-5』のプレゼンが終わると、早速ドライブへ。ウエリントン郊外まで1時間ちょっとピカピカの青い『MAZDA CX-5』を運転させていただきました。一言で言うと最近の車は賢い!タイヤの空気圧をチェックしてくれたり、対向車のヘッドライトや前の車のテールランプを感知しハイビームが解除されたり、居眠り運転防止昨日がついていたり。もちろんNZ向けに新車で売られる車の仕様なので、多少日本と仕様の違う部分もあるかもしれませんが・・・

肝心の走りっぷりですが、こちらも言うまでもなく快適!アクセルペダルの位置やハンドルのグリップ等ちょっとした所にかなりの気配りがされており、本来の大きさを感じさせずに運転できちゃいます。もちろんバックするときのカメラも常設されているため、運転が苦手な人でも間違えなく乗りこなせちゃいます。

エンジンは2.0Lのガソリンと2.2Lのディーゼルがあり、自分は2.0Lのガソリンを運転させていただきました。ジャーナリストさんの中には、2.2Lのディーゼルを絶賛されていた方もいたためディーゼルもかなり気になりました。

"Mazda New Zealand"の詳細はこちらをどうぞ。



今回のドライブ先は、"Martinborough"という小さな町だったのですが、"Mazda New Zealand"がスポンサーしているTV3の番組"Campbel Live"のキャスター"John Campbell"さんのご両親が住んでいる町でもありました。そんなこんなで夕食時にはゲストとして"John Campbell"さんも登場し、生い立ちやキャスターとしての経験談など参考になる話を色々と聞かせていただきました。


宿泊は同じ町内の"PAREHUA"というところでしたが、部屋がワイナリーに面していてとても雰囲気のいいところでした。NZでは珍しく、シャワーがバスタブに隣接してて日本風に洗い場として使えるスタイルもかなり良い感じでした!





そうそう、帰り道は個人的な諸事情により『MAZDA CX-9』を途中から運転させていただきました。こちらは3.7Lの大物です!チカラも走りっぷりも申し分ない1台なのは言うまでもありませんね。『諸事情』って、まさか峠道に入った途端車酔いしちゃったわけじゃないですよ〜!?




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this blog
twitter